矯正歯科医院徹底フェア

矯正歯科医院の情報を集めました

*

矯正歯科医院はしっかりと選びたいものです。

矯正歯科医院はしっかりと選びたいものです。実際に選ぶとなった時に悩むのが歯科なのです。これは、本当に多くの人が持つ実感ではないかと考えています。では、どうして悩んでしまうのかということなのですが、これは歯科に対する一般的な考えがかなり影響しているのではないかと考えています。歯は非常にデリケートなところで、触られるのが嫌な人も非常に多いということなのです。あとは一般的に治療に時間がかかるということがあります。一度通いだすと長く付き合わないといけないということなのです。特に矯正歯科ともなると、かなりの長期になってきます。そういうわけで一般の歯科以上に悩んでしまうということなのです。選ぶポイントとしては、やはりしっかりした検査を行ってくれるかどうかということがあります。そして、検査をした上でどのような治療方針で進めていくのかを明確に提示してくれるところを選ぶべきなのです。

矯正歯科医院での流れについて

矯正歯科医院にかかる際の流れとして、どのような流れになるのかを皆さんにお伝えしておきます。まず、初診の方など予約を入れます。それから初診になりますが、その際、治療にかかる費用であったり期間などについてを納得のいくまで質問をしておきましょう。それから治療計画をたてるための精密検査を行います。それから検査結果を元に再度治療方法や費用や支払いなどについて決めていきます。それから装着準備に入ります。虫歯などがある場合においては、まず、それらを治療してからのスタートになります。また、装着になるのですが、一度装着することにより、3~4週間に1度は通院し、それから器具をはずすまでには1年から2年くらいかかるということになります。器具を外してようやく治療が完了しますが、定期的に検診を受けることが歯科矯正医院での流れになります。

矯正歯科医院に通う前に知っておくべき矯正の知識

歯科矯正は基本的には健康保険が適用にならず自由診療となるので、治療費の全額が自己負担になります。一般的に矯正にはお金がかかると言われるのはその為です。また自由診療であると、医療機関が自由に診療内容と治療費用を決める事ができるので、明確にいくらで出来ると決まっている訳ではありません。矯正歯科医院に通う前にしっかりと治療内容と費用、アフターサービス等を確認しておくことが大事です。また、口蓋裂や口唇裂などの先天的な病気や、外科的な治療が必要なほど顎が曲がっている状態等では健康保険適用がされる可能性があります。さらに美容目的でない、例えば発育段階の子どもの成長の妨げにならないようにする為の矯正や、大人でも噛み合わせの改善などで歯科矯正の治療が必要と判断された場合は、医療費控除の対象になります。その時は、美容のための治療ではないことを示す歯科医師の診断書の提出が必要となる事があるので注意が必要です。

参考治療費用として全顎矯正が30万円~、裏側矯正が60万円~、インビザラインが50万円~となっています。 前歯の隙間が気になる方、部分矯正10万。 モニター制度はありません!ミニターになれない心配はございません!分かりやすい説明と高品質な歯科治療を実践します。 CT・レーザー・オペ室完備!万全の体制で診療を行います。 矯正歯科医院ならこちら

公開日: