埼玉の注文住宅で後悔しないために

埼玉で注文住宅を建てるのは、とても賢い判断です。東京に隣接している地域であるため、通勤も通学も、ショッピングなどを楽しむ際にも、非常に便利な場所として活躍してくれるからです。人口が多く、交通の便が良いですから、住み心地の良さで見れば他の大多数の県にはないメリットがあります。田舎のほうに建ててしまうとそのメリットが薄れてしまうものの、場所の選択さえ間違えなければ住み心地の良い我が家を手に入れられることでしょう。とても魅力的な地域ですが、場所さえ良ければ安心だと考えていると失敗してしまいます。住み心地の良い住宅は建てる場所だけでなく、屋根の下で生活を送るのに必須の、建物自体の使い勝手が関わってくるからです。安易な考えで建ててしまわないように注意しましょう。

トイレの場所は適切な位置にあるか?

自由度の高さが魅力の埼玉で注文住宅を建てる方法ですが、自由度が高くても建てる面積には限りがありますから、住宅内に必要な設備や部屋を上手く配置していかなければなりません。必要な設備としてトイレが欠かせません。1つの階に1つ設置されていると使い勝手が良くなります。家族が揃うリビングやダイニングのすぐ側にトイレがあると便利ですが、これらの部屋からはあえて離して配置するのが良いでしょう。リビングやダイニングは食事をする空間でもありますので、近くでトイレの音が聞こえたり、臭いが漂ってくると食事を楽しめなくなります。特にキッチンの側は避けるべきだといえます。間取りを決める時に、トイレの配置について最初に徹底的に決めてしまうのが、後悔しない快適な住宅を建てる条件です。

LDKは家具や家電の配置を同時に考える

リビングとダイニングの役割を持つLDKが、近年人気を集めています。埼玉の注文住宅でも、LDKを導入する家庭がとても多くなっていますが、使い勝手が良いというメリットを持っている一方で、安易に作ると住宅が完成した後に、使いづらさを感じやすい特徴も持っています。広い空間で家族が過ごす時間が長い部屋とあり、家具や家電などをたくさん置くようになるでしょうが、家具や家電の設置場所を考慮せずにLDKを作ってしまうのは、後悔する原因になります。コタツやテーブルに座り、その後ろにしか家具が置けなければ、人が通るスペースを余裕もって作っておきましょう。テレビを配置する位置は、人がテレビの前を横切らない場所にするのが理想です。アンテナ線やコンセント、窓の配置に注意しながら、室内のデザインを決めていきましょう。