埼玉の注文住宅はここをチェックしよう

埼玉県は太平洋側気候に属します。冬場は北西の季節風が強く夏はかなり高温になります。ここで注文住宅を建てる場合にはまず土地探しから始まります。中には変形土地や狭小土地というものもありますが用途地域に伴う建蔽率や容積率などの法規制や電気・ガス・上下水道の敷設の状況などもチェックする必要があります。土地探しはサイトを利用して探すのが効率的です。予算で土地と建物、その他の諸費用に分けて地価と場所から必要な広さの土地を検索して探すことになります。車利用の場合には最寄りの駅からある程度離れるに従って地価も安くなりますから広い土地を得ることが出来ます。駅から近距離では地価が高いために狭小な土地の場合もありますからそれに経験のある建築設計事務所とか実績ある工務店選びといったそれなりの準備も必要となります。

工務店選びのチェックポイントとは

埼玉で注文住宅を建てる場合の会社選びのポイントとしては、木造の場合には在来工法とツーバイフォーなどの枠組壁工法という輸入住宅で建てる方法があります。それ以外にRC造とかS造といった木造以外の工法があり場所によってはこれらの構造を変更することもあります。敷地の状況によって1階部分を車庫にして2階や3階部分を居住スペースにするということもあり得ます。大まかにいうとデザインにも強い会社とローコストに徹している会社、さらには耐震性に特化して自信を持っている会社や省エネを重視する会社などある程度専門性を持っている場合もあります。但し建築基準法に従うわけですから一定の法的基準は満たしたものでその他の分野が弱いというわけでなくバランスの問題にはなります。それぞれにメリットもあればデメリットも持つものではあります。

会社内部についての見るべきポイントとは

埼玉で注文住宅を建てる場合にはその会社内部にも注目します。会社には理念や方針があり、社長以下指導が徹底して行われていると仮定できます。従ってそこで働く営業マンは会社の顔でもあり判断材料になります。自分の意見を通そうとする傾向か希望を丁寧に聞き入れてくれ、親切に応対してくれるかどうか、あるいは予算も重視して親身になって考えてくれるものかも判断材料になります。建物は仕上がったら終わりではなく保証とかメンテナンスが継続します。長期保証がついているかどうかもポイントになります。会社の経営状態というのも大切です。先々資金繰りに窮して倒産されたのでは困りますので信用調査会社の資料などを見て確認しておく必要もありそうです。そしてサイトを確かめたり口コミ情報を得たりすることで大枠をつかむことができます。概して地元密着型は評判も良いようではあります。